Twitter

 

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコバッグ

0ecobag0716.jpg

エコバッグ争奪 銀座大混乱

で、僕も昨日この番組見てたんですけど
もう言葉ないっす。
狂っているとしか思えない。


セレブ(w)が身につけてたから
流行ってるから
高級品だから

環境問題を考えてる(フリしてるだけ)私って
なんかカッコ良くない?

言葉キツイけど
かわいそうな人達だなぁと思う。
まっどうでもいいっすけどね~


英国の女性デザイナーが手がけるバッグの人気ブランド「アニヤ・ハインドマーチ」の綿製エコバッグが14日、数量限定で先行販売されたが、東京・銀座の直営店には開店時間の午前11時前に4000~5000人の購入希望者が殺到し、店の周辺は一時騒然となった。人気モデルご愛用の話題商品だけに「即売り切れ必至」ではあったが、これほど激しい“争奪戦”は関係者も予想外だった。

 このバッグは、レジ袋の消費削減を目的に作られ、すでに欧州、米国、東南アジアで売り出されている。

 「I’m Not A Plastic Bag(アイム ノット ア プラスチックバッグ)=私はポリ袋じゃない」と記され、セレブらが持ち歩いたことで、世界的に人気が沸騰。今春のロンドンの先行販売では1時間で2万個が完売。海外のネットオークションでは、定価の10倍以上の値がつくなど、有名ブランドのエコバッグの中でもとくに注目が高かった。日本での価格は2100円。

 同日は銀座店をはじめ都内の百貨店など3カ所で販売を開始。アニヤ・ハインドマーチの親会社であるアパレル会社のレナウンによると、店側は午前7時30分に一人2個までの購入枠を設定し、整理券650枚を配布。スタッフが「整理券がない人は購入できません」と呼びかけたものの、開店予定の11時前には行列がビルのある一角を取り囲むほどになった。

 「どうなっているの!」。店側対応が手間取り、雨の中、長時間待たされた客の不満が頂点に達したころ、レナウン側は警察からの要請を受けて一度は販売を中止。後日整理券を持参した客に販売する方針を決めた。

 そこで、多くの客が帰り始めたが、居残る客の声に押され、午後2時ごろには再び販売。後手後手の対応がさらに混乱を招いた。レナウンの広報担当者は「外国の状況をみて対策を考えるべきだった。甘かった」と話している。

 他の2店では、開店と同時に完売したが、いずれも大きな混乱はなかった。今回は話題づくりを兼ねた先行販売だったが、18日から全国取扱店12店でも売り出される。レナウンとしては、この事態をうまく沈静化し、ブランド知名度アップにつなげたいところだ。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
考えられないいっす!!!!

全員の尻を叩きたいっす
  • #-
  • URL
  • 2007.08.05(Sun)
  • Edit

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。