Twitter

 

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカ

え~下のエントリーで知性だ品性だと
エラそうな事言ってるくせに
そのもう一つ下のエントリーでは
バートのケツの穴のタトゥーの写真使って
この両者でSEXして欲しいとか
品性の欠片もない事書いててバカ丸出しですねw

けどまぁ言いたい事わかるよね??

で、バカと言えばこのニュース
僕は彦根市民なんですが何言ってんだかなぁと。
棄却されて当然でしょうに。控訴なんかするなよ。
ホントにバカ市長だと思いますよ


「バカ市長」記事、甘受すべき批判 彦根市長の訴え棄却

2007年07月20日

 飲酒運転をした職員の処分に対する発言をめぐり、週刊新潮に「彦根のバカ市長」と題した記事を掲載したのは名誉棄損にあたるとして、滋賀県彦根市の獅山向洋(ししやま・こうよう)市長(66)が発行元の新潮社(東京)に2200万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決が19日、大津地裁であった。藤本久俊裁判長は記事や広告の内容について「市長の地位にある原告として甘受すべき批判。意見、評論の域を逸脱したとはいえない」として、請求を棄却した。獅山市長は控訴する方針。

 判決によると、元検事で弁護士の獅山市長は昨年10月の記者会見で、「自己に不利益な供述は強要されない」と定めた憲法38条を根拠に、「公務外の事故や検問で摘発されても上司への報告義務はない」と発言した。週刊新潮は「彦根のバカ市長」と見出しをつけて「市長の憲法解釈は的外れだ」などと批判的に取り上げた。

 判決は、「彦根のバカ市長」の見出しについて「侮蔑(ぶべつ)的で品を欠く表現」としたが、「地方公共団体の首長の公人としての発言や行動に対する批判、論評は、前提となる事実が真実である限り、原則として自由」と述べ、記事に違法性はないとした。

 また、当時、公務員の飲酒事故が全国的に問題化し、厳罰化を求める世論が高まっていたことを踏まえ、「(厳罰化に)あえて反対意見を述べ、厳しい批判にさらされるのはやむを得ない」と指摘した。

 獅山市長は判決後の会見で「承服できない判決。言論の自由を抑圧するのではないか。怖くてしゃべれなくなる」と述べた。一方、週刊新潮編集部は「極めて妥当な判決と受け止めております」とコメントした。

スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。