Twitter

 

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R.I.P

bigaro.jpg


またもや大好きだった偉大なるレスラーが・・・
ちょっとマジでビックリ・・

やっぱレスラーは
命を削って自己表現をしてるんだよな。
若くして急死する名選手が多すぎる・・・

「俺はほうき相手でもプロレスができる」とは
プロ中のプロとして知られるビガロの超名言。

謹んでご冥福をお祈りします。

wikipedia スコット・ビガロー

ネタ元 ブラックアイ2

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070121-00000018-dal-fight

クラッシャー・バンバン・ビガロなどのニックネームで日米マット界を暴れ回った人気レスラー、スコット・ビガロー氏が19日に米フロリダの自宅で死亡していたことが20日、分かった。米エンターテインメントプロレスWWEが公式サイトに掲載した。死亡理由などは明らかにされていない。享年45。同氏はデビュー以来、160キロの巨体ながら側転をするなどし「動ける巨漢」としてファンに認知されてきたが、40歳を超えてからはセミリタイア状態となっていた。
 ビガロー氏は87年1月の新日本初来襲以来、スキンヘッドに入れ墨を入れ、炎をイメージしたリングコスチュームで、日本マット界を席巻した。全日本には1度だが、新日本には32回以上も来日しており、92年3月にはビッグバン・ベイダーとのコンビでIWGPタッグ王者に就いたこともある。
 80年から3年間、米ジョージア州のアームレスリング王者となった自慢の腕力に加え、元プロレスラー、ラリー・シャープの主催する「モンスター・ファクトリー」で学んだだけに、テクニックは抜群。90年には新日本の東京ドーム大会で、元横綱双羽黒・北尾光司のプロレスデビューの相手を務めた。実力のない相手を光らせることもしばしばで「俺はほうきとでもプロレスができる」と豪語したとのエピソードが残っている。
 巨漢に似合わず、ムーンサルトプレスなどを駆使し、WCWタッグ、ECWヘビー級王者にも輝き、アルティメット大会に出場したこともある。WCW脱退後はセミリタイア状態で、05年にはバイク事故を起こし同乗していた女性が意識不明の重体となるアクシデントに見舞われた。今回の死亡に際し、学生時代からの友人であるポール・ヘーマンやRVD、テッド・デビアスらがWWEの公式サイトに追悼のコメントを寄せている。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。